ドイツで初めてお葬式に参列する
先日、ドイツで初めてお葬式に参列しました。

亡くなったという知らせを受けたのは先週。お葬式があったのはそれから10日後。
故人が火葬を希望していたため、手続き等で時間がかかったよう。

お葬式があったのは、故人の住んでいた集落の端にある墓地。
墓地の一角に礼拝をできる場所があって、そこでセレモニー開始。
簡易祭壇にはお花と骨壷がぽつりと置かれていて、故人の写真はなし。
亡くなってからお葬式までに時間がかかると思っていたけれど、もうすでに火葬されていたとは。最後に顔を見ることもできず、写真もないのはなんだか寂しい。

簡易祭壇前での礼拝が終わったあとは、お墓に移動して骨壷を埋め、そこに順番にスコップで土をかけていきました。お花を一厘、骨壷の上においている人もいました。
これでお葬式(埋葬式)は終了。この後は近くのレストランに移動して会食。
e0255187_18235733.jpg


故人の住んでいたところは山の上、墓地の周りは雪原。
ほかのお墓が雪に埋もれている中、雪を掻き分けての埋葬でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi