絵本のような街の青の塔に上る
「2日間でドイツを楽しむ」旅行記の続きです。

鉄腕ゲッツの住んでいたお城に行った後は、先日お花見をした帰りに寄った絵本の世界のような街バート・ヴィンプフェンに寄って帰ることにしました。

ゲッツのお城からネッカー川沿いを約14km南下するとバート・ヴィンプフェン。ドイツで最もシルエットの美しい街といわれるバート・ヴィンプフェンが見えてきました~!
e0255187_14482064.jpg


バート・ヴィンプフェンは神聖ローマ帝国皇帝の居城があった街。
下の図のような215m×88mほどの小さな居城で、その西側にあった塔(下の図の1番にあたる塔)が街のシンボルとなっている青の塔です。
e0255187_14524692.jpg


青の塔。前回は上りませんでしたが、今回はここに上ることにしました!
e0255187_14521015.jpg


塔の入り口。
e0255187_1456339.jpg


塔に入ると、側面に沿って階段が続いています。
e0255187_145742100.jpg


半分ほどのぼったところに、今は漆喰で固められたおトイレへの通用口がありました。
e0255187_14581638.jpg


おトイレというのは、外についているコレで、用を足すとおそらくボットンです。
e0255187_150188.jpg


塔の中央にある荷物用の滑車。バランスをとるのが難しそう。
e0255187_1514694.jpg


今も塔に住んでいる塔の番人ビアンカ・クノーデルさん。へ~と思い先に進むと
e0255187_153439.jpg


塔への入場料(1.5ユーロ)を払う窓口があり、この窓から上の写真の女性が顔を出しました。本当に住んでいるんだ!この塔に住み始めて今年で17年だそうです。
e0255187_1544026.jpg


塔の住居スペースは外から見ると、窓のついているこの部分だと思います。
e0255187_1510322.jpg


さらに先に進んで、塔の頂上に到着。1周できるようになっています。
e0255187_15113394.jpg


雨で濡れて近くで見ると黒っぽかったですが、遠くからみると青く見える塔の屋根。
e0255187_15122478.jpg


塔の上から見ると、街の教会も見下ろす感じになります。
e0255187_15132121.jpg


オレンジ色の屋根の続く街並み。
e0255187_1514216.jpg


すぐそばを流れるネッカー川も見えます。
e0255187_1515036.jpg


青の塔に上ったあとは、街を散策。居城の本館だったところに残るアーチ。
e0255187_15185923.jpg


木組みの家に石畳の道。この日に行ったロマンチック街道のローテンブルクとは、また少し違った雰囲気の街。
e0255187_15193499.jpg


お天気が悪かったのが残念でしたが、「ドイツを2日半で楽しむ」の2日目もいろいろ見れました。

最後の半日、「メルセデス・ベンツ・ミュージアム」につづきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi