初・エチオピア料理
少し前に、エチオピア料理のレストランに行きました。

インジェラという、クレープのようなものが売りのお店です。

ワットという肉や豆・野菜の煮込みと一緒に食べます。

人数分が、大きなお盆でこんな風に出てきて、これを手で食べます。
e0255187_285289.jpg


お料理を他人とシェアすることのあまりないドイツで、一つの大皿から手で食べるというこのスタイル、ドイツ人にとってはかなり異文化だと思います。

お料理の味はというと…はじめは、おいしく感じました。が、インジェラには不思議な酸っぱさ&香りがあり、この酸っぱさが最後の方は邪魔をします…。

ウィキペディアに、

「インジェラには『雑巾のよう』と形容される独特の香りと酸味がある」

とあるように、ちょっと腐ってない?と思うような酸っぱさと香りです。

後日、アフリカ出身の知り合いに聞いたところ、インジェラは生地を3日間寝かすので、この香りと酸味がでると言っていました。

お料理は、けっこう香辛料がきいていて、それを手で食べるので、食べた後は手もしばらく不思議な匂いを発していました。

久しぶりに、変わったものを食べました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi