週末、病院にいました。

2年前とは違う病院で、勝手も違ったので今回のことも記録しておきます。

入院が決まったのは5月半ば。診察に行ったらそこで手術の話が決まりました。
先のことでいまいち現実味がないまま1ヵ月半先の入院の手続きをし、手術前の麻酔科医の説明を受けました。入院は手術当日、手術時間は前日にならないとわからないので前日夜に電話で病院に確認するように、とのことでした。

1ヶ月半が過ぎ、手術前日の夜、病院に電話をすると手術は朝9時~、病院には7時15分に来るように、といわれました。前回は手術前日から入院し、術前検査があり、昼以降は何も食べられず下剤を飲み…といろいろ準備がありましたが、今回は同じ手術なのに特に何もなく。この違いはなんだ。手術前のインフォとしてもらった紙には、「食事は手術開始の6時間前まで、飲み物は2時間前までOK」と書いてあったので前日の夜も普通に食事をし、当日も朝5時に起きてお茶を飲み、病院に向かいました。

入院手続きは1ヵ月半前にすでにしてあるので、当日はそのまま病棟へ。
まだ朝早く希望の個室が空いていないということで、病棟の準備室のようなところに通されそこで着替え。手術が終わる頃には個室が空くとか。夫は手術が終わるまで部屋で待っていればいいかと思っていたけれど、さぁどこで待とうか。
看護師さんに「天気もいいし、11時過ぎまでどこか散歩してきてください」と言われ夫は散歩に。ドイツ人はこんな時も散歩かい。

術前チェックで看護師さんに何も食べてませんね、飲んでませんね?と聞かれ、朝5時過ぎにお茶を飲みましたと言ったら、「あなたは朝3時以降飲んだらダメだったのよ!」と言われビックリ。え?2時間前までOKって書いてあったよ、と言うと「あのインフォは間違ってるのよ」とのこと。え~!間違ったインフォを渡さないでください~。

こんな感じに着替えた以外、特にこれといった準備もなく手術室のある階へ移動。
その後、麻酔をかけられて目が覚めたのは回復室。

手術が終わった頃には病棟の部屋も空き、個室に入れました。トイレ&シャワー付。
二人部屋にベットが一つだけ置いてある状態。踊れそうな広さ。踊る気力なんてなかったけど
公的保険の場合、個室を使用する際は追加料金が必要ですが、追加の入院保険に入っているとそれで補われます。私はこの入院保険、けっこう重要だと思っています。
e0255187_2084871.jpg


というのもドイツでは二人部屋でも三人部屋でも仕切りのカーテンがなく、面会時間のルールも細かくなく、今回入院した病院では朝8時~夜9時までの間ならいつでも面会OK。隣のベッドとの仕切りがなくても、いつ誰が来ても気にならない、という人はいいと思いますが私は気になる方で…。追加保険では他にも教授に執刀を頼んだ際の追加料金などもカバーされるので、前回入院した際もですが、月々数十ユーロの追加保険料を払っておいてよかったなと感じています。

ただ追加保険があることで提供される+αのサービスに関しては病院によって違いがあるようで、前回は特別食、テレビカード無料、バスローブ&タオルの貸し出しなどがあり至れり尽くせりでしたが、今回はそういった特典は一切なし。病院によってこうした違いがあるというのは知らなかったので勉強になりました。

こうして始まった入院生活ですが、手術の翌日には許可が出たので退院。
前回と同じく、退院は簡単。手続き、精算等もなく、荷物をまとめて部屋を去るだけ。
あっという間の、ハードな2日間でした。ドイツ人ってタフだ。

期待していなかった病院食については次回。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
グラン・カナリア滞在中、1日はレンタカーを借りて島を走りました。

1日だけだし、と一番安いクラスのレンタカーをホテルと提携しているレンタカー会社に頼み、朝届けられた車はこれ。想像したのよりしょぼかった…。
カナリアはそんなにスピードも出せないので、これでもいっか。ということで出発。
e0255187_18534430.jpg


島の北側は雲に覆われていることが多いグラン・カナリア。
この日もホテルのある島の南は快晴だったけれど、北に走るにつれ曇り空に。
e0255187_18582154.jpg


島を2/3周し最初に向かったのは島の北西部にあるアガエーテ(Agaete)という村。
本当はこの村にある遺跡を見たかったのだけど、10時開園のはずが11時過ぎに行っても開いていないくて入れず。カナリア時間なのか、仕方がない。
あきらめて港をぶらぶらすることに。海が真っ青でとっても綺麗。
e0255187_18585691.jpg


港に泊まっていた船。グラン・カナリア島とその西にあるカナリア諸島最大の島・テネリフェ島を行き来する高速船。テネリフェ島までここから船で80分。
e0255187_1859143.jpg


白と青で統一されていた港周辺の建物。
e0255187_1859411.jpg

e0255187_18591782.jpg


港のそばにたつ教会。昔、船乗りたちを見守っていたのだろうか、教会の中には船の模型がたくさん飾ってありました。
e0255187_1859196.jpg


港を散策した後は島の北西からまた雲の多い北へと走り、次なる目的地へ。
島の南は海が穏やかだけど北部は波があり、サーファーが多いよう。
e0255187_19251839.jpg


崖沿いの道を走って着いたのは
e0255187_1925195.jpg


崖の斜面にあるヴァレロン修道院(Cenobio de Valerón)。
e0255187_19252340.jpg


発見者の「結婚前の若い女性が集められてここに住んでいたんだろう」という間違った仮説から修道院という名前がついているけれど、修道院ではありません。
e0255187_19253396.jpg


侵食でできた崖の窪みに掘られた約300ある穴は、カナリア島の先住民・グアンチェ族が穀物庫として使用していたんだとか。当時は木や石で穴に扉も付けていたそう。
e0255187_19253680.jpg


崖に窪みができていたとはいえ、周りは険しい崖。
ここにこういうものを作ろうと思ったなんてすごい。
e0255187_2031077.jpg


この後はさらに東に15分ほど走り、島で4番目に大きな街・アルーカス(Arucas)へ。
街のシンボル、洗礼者聖ヨハネ教会(Iglesia de San Juan Bautista)。
e0255187_20185688.jpg


街ではお祭りの準備をしていて、教会からもお花がかけられていました。
e0255187_20185875.jpg

e0255187_20261296.jpg


4番目に大きな街、とはいっても小さな島の街。教会からのびる道が歩行者天国になっていてお店やレストランがある程度。ちょうどお昼時だったからか、静かでした。
e0255187_20262955.jpg


少しぶらぶらしてアルーカスにはお別れ。
e0255187_20264790.jpg


グラン・カナリアの1日レンタカーの旅、つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
南ドイツにはない海。日本帰国以来の海。恋しかったよー、海!

海を楽しむ第1弾、カナリアに着いた翌日はボートツアーに参加しました。

泊まっていたホテルのある街、プエルトリコの港から出発。空も海も青い。
e0255187_17434575.jpg


大西洋に向けて航海開始。目指すはアメリカ大陸!なーんて、そんな旅もしてみたいけれど、この船は島からそれほど離れることなく進みます。
e0255187_17435251.jpg


船上ではビールとサングリアが飲み放題♪
e0255187_17441556.jpg


船に乗るなり、みな水着になって日光浴開始。飲んで焼く、船上での過ごし方。
・・・ホテルのプールサイドと変わらないけれど、これがバカンスか。
e0255187_1842538.jpg


ホテルからは海を眺めていたけれど、海から島を眺めるのもいい。
e0255187_17443432.jpg


1時間ほどで人里離れた入り江に到着&アクティビティ開始。
e0255187_17452361.jpg


シュノーケルをして、魚がたくさんいた!
e0255187_17461341.jpg


バナナボートで振り落とされ、
e0255187_1745276.jpg


ジェットスキーを飛ばし、楽しかった!
e0255187_17462111.jpg


他にはパラセイリングをする人や
e0255187_17453794.jpg


フライボードをする人も。楽しそうだったから次どこかで見かけたらやってみたい。
e0255187_174611.jpg


動いた後はお昼ご飯。ご飯を食べたらまた日光浴。
e0255187_1828203.jpg


休憩した後はまた泳いで&シュノーケルをして・・・あぁ、海って最高!
e0255187_1838562.jpg


港までの帰り道もみな日光浴。海と太陽を満喫した1日でした。
e0255187_18284027.jpg


海を楽しむ第2弾、別の日はダイビングへ。
去年潜ったポイントが面白かったので、前回お世話になったガイドさんに今年も連れて行ってもらいました。島の南東、アリナガ(Arinaga)という場所。
e0255187_18413053.jpg


2本目は少し南のポイントへ。カナリアは地中海に較べると魚が多く水温も少し高い。
でも沖縄などで見られるようなカラフルな魚は少なく、かわりにおいしそうなものがたくさんいます。イワシにカレイにタコにイカ。お寿司のネタになるものばかりでした☆
e0255187_18414217.jpg


南ドイツにない海、思いっきり楽しみました。あぁ、海がもっと近かったらいいのに!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
しばらくブログを更新していませんでしたが、太陽を充電してきました。

今年のバカンスの行き先は去年と同じ、グラン・カナリア島(Gran Canaria)。
グラン・カナリアはモロッコ沖、大西洋に浮かぶ島々、カナリア諸島の一つ。
e0255187_1826057.jpg


シュトゥットガルトからグラン・カナリアの一番大きな街、ラス・パルマスまでは直行便があり、飛行時間は約4時間。さぁ、大陸を離れて島に出発です!
e0255187_1826464.jpg


空港到着後向かったのは去年と同じ、島の南西プエルトリコという街にあるホテル。
部屋は大きくはないけれど、バルコニー付き。バルコニーからの眺めは、
e0255187_18332027.jpg


海!去年、毎朝カーテンを開けたときに海が見えるのがうれしかったので、今年もまたここに泊まることにしました。海が眺められるって幸せ!
e0255187_18551742.jpg


ホテルのプール。手前がプール、奥は大西洋。泳いでいると、海と繋がっているような、広い大西洋を泳いでいるような気分になるプール。
e0255187_1855455.jpg


こうしてプールから、プールサイドから、海を眺めているのが幸せな時間でした。
と同じことを去年も書いた気がしますが、本当に気持ちよかったです。
e0255187_1855650.jpg


ときどきカモメがやってきて水浴びをしていました。
e0255187_1921129.jpg


プールサイド。みな日光浴に夢中。焼くことに命をかけているので、ビーチパラソルがあっても開いている人は少なく、みな1日中焼いてます。そんなに焼いてどうするの~?!
e0255187_18552276.jpg


私はさすがにパラソルなしは無理なので、開きました。それでも焼けて今は脱皮中。
e0255187_1935842.jpg


ホテル滞在中は3食の食事に加えて、お酒を含むドリンク、プールサイドでのスナック等全て食べ放題・飲み放題。朝から飲める、これぞ休暇の醍醐味。
e0255187_19103024.jpg


滞在中、3日ほど出かけましたが、それ以外はずっとホテルでのんびり過ごしました。
スパ施設があったのでここでミストサウナに入ったり、ジムがあったので走ったり、
e0255187_1935518.jpg


ホテルの前に広がるアマドレス・ビーチ(Playa de Amadores)に行ったり。
e0255187_19165490.jpg

e0255187_19165583.jpg


水がとっても綺麗で、防波堤があるので波も少なくて穏やか。
あぁ、いつかこんな海の近くに住みたい…。
e0255187_19165722.jpg


夜9時近く、夕暮れ時、崖に西日がさしてオレンジに染まるのが綺麗でした。
e0255187_19204928.jpg


この景色を眺めながら、滞在中は食後にここでスパークリングワイン♪
e0255187_19205060.jpg


カナリア旅行記、つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
この週末出席した結婚式でのこと。

パーティー会場の各テーブルにはシュヴァーベン語で名前がつけられていました。
私たちが座ったのは、「Bräschdlengsdisch」(Bräschdlengのテーブル)。
Bräschdlengってなーんだ?
e0255187_1635825.jpg



愛のように赤くて甘いBräschdleng・・・、正解はイチゴ。
イチゴはドイツ語ではErdbeereだけど、シュヴァーベン語ではBräschdlengだそう。

この地方に住んで6年、シュヴァーベン語修行はまだまだ続きます・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
暑い日が続いています。今日も気温が33℃まで上がりました。

そんな暑い日の午後、洗濯物を取りいれようと外に出ると、置いてあった洗濯カゴに小鳥が入っていました。一瞬、びっくりしてギャッと叫んでしまいましたが・・・
e0255187_6394068.jpg


近くで見るとかわいい。
洗濯用ネットの上が気持ちいいのか、近づいても全然逃げなくて。
小鳥ちゃん、君はなんていう鳥なの?毎朝聞こえる鳴き声、君だったの?
e0255187_6193970.jpg


しばらくしても一向に飛び立たないので、仕方がないのでカゴを振って飛んでいってもらいました。でも、また来ていいよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
今日は聖体の祝日(Fronleichnam)で、私の住んでいる週はお休みでした。

カトリックの祝日なので、カトリックの多い南の州では祝日ですが北ドイツでは祝日でなく平日。ドイツは州ごとに祝日が決まっていて、一番多い州は年間13日、一番少ない州は年間9日、と州によって4日も差があります。私の住む州は年間12日、多いほうでよかった!

さて、昨日からシュトゥットガルトでKirchentag(教会の日)というプロテスタント教会のイベントが始まりました。2年に一度開かれている催しで、期間中はセミナーや聖書の勉強会のほか信者の交流会があるよう。シュトゥットガルトの街中はドイツ各地から集まった人であふれかえっています。(街中だけでなく電車も)
e0255187_3461867.jpg


いつもは市がたつ市役所前の広場には、特設ステージが登場。
こんな催しがあったことを知らなかったけれど、規模の大きさ、人の多さにビックリ。
プロテスタントって活動的だなぁ。
e0255187_3461621.jpg


ここ数日、南ドイツでは暑い日が続いていて、昨日の午後の気温は31℃。
ちょっと前まで太陽恋しい、なんて言ってましたが、この気温になると影が嬉しい。
e0255187_3461712.jpg


この暑さ、あと2日ほど続くようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
今回のモーゼル旅行や少し前にストラスブールに行った際、ワインやビールを持って帰るのに活躍したのがライゼンタールのボトルバッグ。

仕切りがあるので、車での移動中もガタガタ音がせず、つくりもしっかりしているのでトランクで倒れることもなく便利。1.5リットルのペットボトルが計9本入ります。
e0255187_174896.jpg


普段の買いもの、旅先でのワイン購入にこれからも使えそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi