カテゴリ:ドイツの文化・言葉( 63 )
暑い日が続いています。今日の気温は32℃。
2週間前に38℃になったときほどではありませんが、暑い。

エアコンのついている一般家庭はほぼ皆無。街中の路面店やスーパーなどでもエアコンのないところが多いドイツ。近所の大きめのスーパーも冷房設備がないため、ここ2週間ほど、スーパーの棚からチョコレートが消えてチョコレートの棚はガラガラ。
かろうじて手前の大きなミルカだけ、広告の品だからか並んでいました。
e0255187_21465042.jpg


「気温が高いので、この棚は空にします。ご理解よろしく。」とのこと。
チョコレートの他に、サプリメントの棚も空になってました。カプセルが溶けるのかな。
e0255187_21465196.jpg


暑さ対策のないドイツ、チョコレートの溶けない気温が過ごしやすくていい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
この週末出席した結婚式でのこと。

パーティー会場の各テーブルにはシュヴァーベン語で名前がつけられていました。
私たちが座ったのは、「Bräschdlengsdisch」(Bräschdlengのテーブル)。
Bräschdlengってなーんだ?
e0255187_1635825.jpg



愛のように赤くて甘いBräschdleng・・・、正解はイチゴ。
イチゴはドイツ語ではErdbeereだけど、シュヴァーベン語ではBräschdlengだそう。

この地方に住んで6年、シュヴァーベン語修行はまだまだ続きます・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
今日は聖体の祝日(Fronleichnam)で、私の住んでいる週はお休みでした。

カトリックの祝日なので、カトリックの多い南の州では祝日ですが北ドイツでは祝日でなく平日。ドイツは州ごとに祝日が決まっていて、一番多い州は年間13日、一番少ない州は年間9日、と州によって4日も差があります。私の住む州は年間12日、多いほうでよかった!

さて、昨日からシュトゥットガルトでKirchentag(教会の日)というプロテスタント教会のイベントが始まりました。2年に一度開かれている催しで、期間中はセミナーや聖書の勉強会のほか信者の交流会があるよう。シュトゥットガルトの街中はドイツ各地から集まった人であふれかえっています。(街中だけでなく電車も)
e0255187_3461867.jpg


いつもは市がたつ市役所前の広場には、特設ステージが登場。
こんな催しがあったことを知らなかったけれど、規模の大きさ、人の多さにビックリ。
プロテスタントって活動的だなぁ。
e0255187_3461621.jpg


ここ数日、南ドイツでは暑い日が続いていて、昨日の午後の気温は31℃。
ちょっと前まで太陽恋しい、なんて言ってましたが、この気温になると影が嬉しい。
e0255187_3461712.jpg


この暑さ、あと2日ほど続くようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
今回のモーゼル旅行や少し前にストラスブールに行った際、ワインやビールを持って帰るのに活躍したのがライゼンタールのボトルバッグ。

仕切りがあるので、車での移動中もガタガタ音がせず、つくりもしっかりしているのでトランクで倒れることもなく便利。1.5リットルのペットボトルが計9本入ります。
e0255187_174896.jpg


普段の買いもの、旅先でのワイン購入にこれからも使えそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
母の日だった今日は、夫の実家で過ごしました。

お昼ご飯は義母があまり働かずに済むバーベキュー。
手羽元、スペアリブ、豚ステーキ、七面鳥の串・・・とにかく肉・肉・肉。(全て味付け肉)
でも肉ばかりではさすがに飽きるので、付け合せにパンとフライドポテトとサラダ。
もう肉いらない!というぐらいお腹いっぱいに食べました。
e0255187_3432956.jpg


その3時間後はケーキタイム。ドイツ人は昼にたくさん食べた後でも、ケーキタイムにケーキを2~3種類ペロッと食べます。義母が作ったケーキ2つ(直径26cm)と私が持っていったイチゴのティラミス(手前)、デザートは別腹なんて嘘です、もう入りません。
e0255187_3433136.jpg


お腹がはちきれそうになった母の日でした。明日は断食します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ドイツでは水道水は飲めますが、ミネラルウォーターを飲んでいる人が多いです。

水道水は硬水で石灰分が多いので、毎日お湯を沸かす電気ポットの底やキッチンの蛇口周辺、お風呂のシャワーヘッドなどはすぐに白くなります。

飲料用にはミネラルウォーターを買うけれど、お料理やお茶を沸かすのにまでミネラルウォーターを使っていられない。でもこの石灰分をなんとかしたい。

ということで6年前、ドイツに来てすぐ購入したのがブリタの浄水ポット。
どれぐらい濾過する力があるのか、細かいことはわかりませんが、電気ポットで毎日お湯を沸かしていてもポットの底に石灰が付かないので、けっこう優秀だと思います。
e0255187_0355434.jpg


浄水ポットは4週間に1回、カートリッジを交換して使用するですが、そのカートリッジ交換時期の目安となる液晶表示がついに先日消えました。
使い始めて6年、電池の寿命がやってきたのね。ないのは困るので買い換えなきゃ。
e0255187_0355854.jpg


そして今日、新しいブリタを買いました。綺麗なグリーンに一目ぼれ♪
とここまで書いてふと気づきました、このシリーズ、蓋に給水口がついていない!
これは給水する度にいちいち蓋を取らないといけないのか…なんか面倒だな。
e0255187_036092.jpg


でもま、いっか。色が好きだし。新しいブリタちゃん、よろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
先日、ドイツで初めてお葬式に参列しました。

亡くなったという知らせを受けたのは先週。お葬式があったのはそれから10日後。
故人が火葬を希望していたため、手続き等で時間がかかったよう。

お葬式があったのは、故人の住んでいた集落の端にある墓地。
墓地の一角に礼拝をできる場所があって、そこでセレモニー開始。
簡易祭壇にはお花と骨壷がぽつりと置かれていて、故人の写真はなし。
亡くなってからお葬式までに時間がかかると思っていたけれど、もうすでに火葬されていたとは。最後に顔を見ることもできず、写真もないのはなんだか寂しい。

簡易祭壇前での礼拝が終わったあとは、お墓に移動して骨壷を埋め、そこに順番にスコップで土をかけていきました。お花を一厘、骨壷の上においている人もいました。
これでお葬式(埋葬式)は終了。この後は近くのレストランに移動して会食。
e0255187_18235733.jpg


故人の住んでいたところは山の上、墓地の周りは雪原。
ほかのお墓が雪に埋もれている中、雪を掻き分けての埋葬でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ドイツでは毎年1月下旬~2月初旬に、その年の2ユーロ記念コインが発行されます。

今年もそろそろ新しい記念コインが出回るはずだと思い気にしていましたが、先日ピカピカの2015年の記念コインに出会えました。

ドイツ統一25周年の記念コイン。ドイツ統一25周年、我々は一つの国民(Wir sind ein Volk)と書かれ、中央にはベルリンのブランデンブルク門前で手をあげて喜ぶ人々。
e0255187_1721259.jpg


1989年にベルリンの壁が崩壊して、国として西&東ドイツが統一したのが1990年。
統一してユーロも導入された後のドイツしか知らない私にとっては、ずっと前から今の状態だったような気がしてしまうのだけど、まだ25年なのか。

記念コインに出会って、統一25年だということを知りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
スキーに行く前、「絶対に必要!」と夫&夫家族から言われてヘルメットを買いました

日本では被ってる人ほとんどいないし、本当に必要かな~と思ってましたがスキー場に行ってみてビックリ、ヘルメット着用率が90%以上でした。被ってないと逆に目立つ…。
リフト待ちで見渡してみましたが、スキーヤーもボーダーもみなヘルメット着用!
e0255187_21212519.jpg


ヘルメットなんてしたら頭を動かしにくいし嫌だなぁと思ってましたが、実際はそうでもなく、暖かかったので防寒にも役立ちました。ヘルメット、買ってよかった♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
週末に行ったスキー、楽しかったのですがけっこう疲れました。

久しぶりだったので体が鈍っていたというのもあると思いますが、一番の原因は日本であまり見ないTバーリフトまたはシュレップリフト(Schlepplift)と呼ばれるリフトです。

逆T字のバーが下がっていて、乗るときにそれを引っ張ってお尻の下にあてて立った状態で引っ張っていってもらうもの。途中凹凸があるところもあるので気が抜けず、足がけっこう疲れる…。バランスを崩して途中で脱落することもアリ。私も一度脱落しました…。
e0255187_1824517.jpg


スノーボーダーはこんな感じに、T字のバーを挟んで登っていきます。
フェルトベルクのスキー場は15本以上あるリフトのうち3本を除いて全てこのタイプ。
e0255187_182453100.jpg


こんな疲れるリフトに乗って、ビールを飲んでバンバン滑るドイツ人。
前から思ってたけどドイツ人は強い。
e0255187_182518.jpg


ペアリフトなんて・・・時代は高速クワッドでしょ、と思ってましたが、座れるリフトって素晴らしい!高速じゃなくたって座れればいい!
e0255187_1825628.jpg


リフト=休憩だと思っていた私には衝撃のドイツでのスキーデビューでした。

今は座れるリフトの多いスキー場を探しています☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi