ザルツカンマーグート滞在4日目も晴れ!

この日は前日に山の上から眺めたハルシュタット湖の湖畔の街、ハルシュタットに行きました。

最初に向かったのは、ハルシュタットの街のすぐそばの山の中にある岩塩鉱(Salzbergwerk)。
山の中腹までは、ケーブルカーに乗っていきます。
e0255187_18134157.jpg


けっこう急な傾斜で、ジェットコースターに乗っている気分(ゆっくりだけど)。
e0255187_18135551.jpg


ケーブルカーの駅を降りて、塩鉱の入り口までは歩いて15分ほど。朝10時頃ですでに太陽サンサン、気温も30℃を超えていたのでこの道が暑かった…。
e0255187_18135659.jpg


塩鉱へはツアーでの入場のみ。ここで受付を済まし、見学用のつなぎを借ります。
e0255187_1814351.jpg


塩鉱への入り口。みんなカラフルなつなぎを着て、見学します。
私は緑色のつなぎだったので、お掃除のおばちゃんみたいになりました。
e0255187_1814044.jpg


狭いトンネルを歩いて、塩鉱の中に進んでいきます。塩鉱の中は約8℃でひんやり。
前日に行ったクリッペンシュタインの山の上が、大昔はサメの泳いでいた海だったと書きましたが、以前は海だったこの辺り一帯。その後の地殻変動を経て閉じ込められた海水が塩の結晶となり山の中に残り…。今から3500年ほど前にはこの地で塩の採掘が始まり、以降ハルシュタットは塩の街として栄えてきたんだとか。
e0255187_181422.jpg


塩鉱のお楽しみといえば、滑り台!
元々は作業員が下の階層へと移動する際に利用したとうい木製の滑り台。ハルシュタットの塩鉱にはヨーロッパで一番長い64mの滑り台があるんです♪
e0255187_18141032.jpg


滑り台にまたがって、さぁ、行くよ~!
e0255187_199317.jpg


約1時間強の見学の後、帰りはミニトロッコに乗って塩鉱から退出。たのしかった。
e0255187_18141163.jpg


この後はケーブルカーの駅の近くにある見晴らし台へ。
e0255187_18141636.jpg


見晴らし台のテラスでハルシュタット湖を眺めながらビールタイム。
e0255187_19201552.jpg


写真の一番右端に見える山が前日に行ったクリッペンシュタイン。
e0255187_18143266.jpg


上から眺めた小さなハルシュタットの街。
e0255187_18165454.jpg


塩鉱のある山から下りた後は、ハルシュタットの街歩き。
小さな街だけど観光客でいっぱい。特に東アジアからの観光客がすごく多い!
e0255187_181763.jpg


マルクト広場。以前ドイツのテレビでやっていたのだけど、ハルシュタットは中国人が大好きな街らしく、中国にはハルシュタットをそっくりそのまんま真似て作った街があるとか。
暑くて人が多くて、この辺りで少しうんざりし始めていたけれど、もう少し散策することに。
e0255187_19304780.jpg


尖がった塔がシンボルのプロテスタント教会。
e0255187_19411583.jpg


少し上ったところにあるのはカトリックの教会。暑いけど、がんばって階段を上ろう。
e0255187_19435373.jpg


↑のカトリック教会の中庭に珍しい納骨堂があります。山と湖に挟まれたハルシュタットでは、墓地にできる土地が少なかったため、埋葬して10~20年ほどたったら遺骨を掘り返して、別の人を埋葬していたよう。掘り返した遺骨には装飾を施して教会横のこの納骨堂に納めたんだとか。遺骨には名前が書いてあって、家族は近くに並んでいました。近年は火葬になったので掘り起こされることはなくなったようだけど、生前に本人が望めば、土葬にしてその後納骨堂に納めてもらうこともできるよう。ところ変われば慣習もいろいろ、と改めて思った場所でした。
e0255187_19511255.jpg


納骨堂から出て、教会の中庭からの眺め。昔は静かな街だったんだろうなぁ。
オフシーズンはまた違うのかもしれないけれど、8月は観光客が多すぎて疲れます。
ハルシュタットは街中を歩くよりも、こうして少し遠くから眺めているほうが綺麗。
e0255187_20131347.jpg


ということでハルシュタットを離れ、湖の反対側の街、オーバートラウンへ。
湖水浴客がのんびり過ごす湖畔。子供たちが遊ぶ声も心地いい。こういうところが好き。
e0255187_20341099.jpg


ザルツカンマーグート滞在最後の夜は、またヴォルフガング湖畔で過ごしました。
エーデルワイスビール。そういえば、本物のエーデルワイスってまだ見たことないなぁ。
e0255187_20415180.jpg


がっつりフライドチキン。隣の付け合わせのサラダ、メニューにVogersalatと書いてあって何のことだろう、と思っていたらFeldsalatのことでした。オーストリアでは呼び方が違うのね。
この草、日本語ではノヂシャと呼ぶようだけど、食べますか?
e0255187_20432918.jpg


食後はたっぷりの生クリーム&アイスがのったアイスコーヒー。旅行中は毎日カロリーオーバー。
e0255187_2050551.jpg


夕日の射すヴォルフガング湖を眺めながら、旅を振り返りました。
どこがよかった?ん~シャーフベルクもよかったし、クリッペンシュタインもよかったし。
「ハルシュタット以外、全部よかった」と夫。そうか、そんなにハルシュタットは疲れたかい。
私はヴォルフガング湖が気に入ったなぁ。また来るからね、次は水着持って!
e0255187_20524753.jpg


ザルツカンマーグートはこれで終わりですが、おまけの旅がもう少し続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ザルツカンマーグート滞在3日目も朝から晴れ。朝8時、宿の部屋からの眺め。
美しい緑色にうっとり。朝ごはんをお腹いっぱい食べて、はりきって出発♪
e0255187_1820687.jpg


向かったのは、ヴォルフガング湖の約35㎞南東にあるハルシュタット湖(Hallstätter See)のそばにそびえるクリッペンシュタイン(Krippenstein)という山(2108m)。
ハルシュタット湖畔の町、オーバートラウン(Obertraun)のはずれからロープウェイで山頂まで行くことができます。チケットを買って、さぁクリッペンシュタインへ!
e0255187_18211636.jpg


お、上ってきた~。写真左に少し見えるのがハルシュタット湖。
山頂へは2本のロープウェイを乗り継いでいきます。ロープウェイの途中駅近くには洞窟があるのですが、ここは午後帰りに寄ることにして、まずは山頂駅へ。
e0255187_1820105.jpg


山頂駅のロープウェイの小屋を出ると・・・、ワーーーーー、山だ!
前日に行ったシャーフベルク山とはまた違った美しい山の景色に、感動。
e0255187_18201251.jpg


氷河の残る山に感動しながら、ザルツカンマーグート旅行を計画し始めた時に「ここは絶対に行きたい」と思ったポイントへ。山頂駅から湖側に向かって歩くこと約30分…
e0255187_1935829.jpg


見えてきました、クリッペンシュタインの展望台、5 Fingers!
e0255187_18201746.jpg


こんな感じに5本の指のように突き出た展望台からは、ハルシュタット湖&ザルツカンマーグートの山々を一望することができます。ヤッホーを100連発したいぐらい気持ちいい!
e0255187_19155890.jpg


この展望台、額縁がついていたり、ガラス張りで崖下を覗けるようになっていたり、望遠鏡が設置してあったり、工夫がしてあって面白い。額縁におさまって湖とともにパシャッ。
e0255187_191616.jpg


ヴォルフガング湖はエメラルドのような綺麗なブルーグリーンだったけれど、ハルシュタット湖は深い青。湖の最大水深はどちらも120m前後。
ザルツカンマーグートをこんな綺麗に見渡すことができて、いい天気で本当によかった。
e0255187_19155913.jpg


5 Fingersからの眺めを満喫した後は、また山頂駅の方へ。
途中、パラグライダー族がたくさんいました。景色もいいし、人気スポットなんだろうなぁ。
e0255187_19511140.jpg


パラグライダーと氷河。気持ちよさそう。いつか挑戦してみたい。
e0255187_19512563.jpg


氷河を眺めながらビール休憩。綺麗な景色があればつまみはいらない!
e0255187_2021481.jpg


一休みした後は、約3時間ほどの周遊コースを歩くことに。
写真で見ると、雄大な山を眺めながらの気持ちのよいハイキングコースに見えるけれど、実際は陰がなく日差しが強く暑かった。歩き始めて15分、「引き返す」ことを考えてしまいました。
e0255187_2013474.jpg


でもやっぱりせっかく来たんだし歩こう、と山頂駅から歩き続けること約30分、ダッハシュタインのサメ(Dachstein-Hai)に到着。2013年にできたクリッペンシュタインの新名所。
なぜサメがいるかというと、この辺り一帯は大昔は海で、サメがいたからだそう。
↓のサメの中に入って、そこから「太古」の海を眺めてみましょう、とのこと。
e0255187_20135189.jpg


サメから眺める太古の海。ほ~ここが昔は海だったのか~。
遠い昔のこと、景色が違いすぎて正直ピンと来ない。眺めは5Fingersからの方が綺麗だな。
e0255187_20545078.jpg


大昔に海だった、石灰岩の転がる道をさらに進みます。暑くてどんどん無言になっていく…。
e0255187_219233.jpg


山頂駅から歩くこと1時間半ほど、周遊コースの(おそらく)折り返し地点に到着。
ここでお昼ご飯。持ってきたパンをかじる、生温かい。リュックサックに入れてあったトマトは温トマトに。暑いのでちゃちゃっと食べてすぐまた出発。
e0255187_20135780.jpg


途中、低い高山植物ばかりだった道から、木のある景色に変わりました。
下ってきた、ということはゴールももうすぐか?!
e0255187_21144475.jpg


休憩からさらに歩くこと1時間強、1750mにあるロープウェイ駅に無事到着。
暑かった、ということもあって思ったよりも疲れた周遊コースでした。
この後は、2100mの山頂駅に戻り、行きに通過した途中駅(1350m)へ。
e0255187_21145684.jpg


疲れたので、途中駅のビアガーデンで休憩。右はハルシュタットの地ビール。あぁ、おいしい!
e0255187_2115794.jpg


ビールを飲んで生き返ったあとは、途中駅の近くにある氷穴(Eishöhle)へ。
(マンモス洞窟という洞窟もあるのですが、営業時間が短くすでに閉まっていたので断念)
e0255187_21152128.jpg


途中駅から歩くこと15分ほど、氷穴の入り口に到着。ガイドツアーが始まるまで待ちます。
e0255187_21153283.jpg


約50分の氷穴ツアー、スタート。外は暑かったけど、氷穴内は冬。ジャケット必須。
写真は約9mある氷の柱。この氷穴にある一番古い氷は500年ほど前のものだとか。
e0255187_21154587.jpg


確かこの穴(氷)は25mつづいている、と言っていた気がする。
氷穴内の氷は、雪解け水の流れ込む春が一番多く(厚く)、それが溶けて、また翌年春に氷になって、を繰り返しているらしい。いろいろ説明を聞いたけれど、もう忘れてしまった…。
アルプスにはきっとまだ見つかっていない氷穴が他にもあるんだろうなぁ。
e0255187_21155667.jpg


氷穴を出るとそこはまた夏。この後は途中駅まで歩き、最終のロープウェイで下山。
e0255187_2116794.jpg


☆おまけ☆ この日歩いたルート(赤線)。山の上の周遊コース、約9㎞。
e0255187_2210065.jpg


ザルツカンマーグートの旅、つづきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ザルツカンマーグート滞在2日目は朝から晴れ。

前日の夕方は雨上がりで対岸が曇で隠れていたヴォルフガング湖も、雲がとれてすっきり。
e0255187_1733842.jpg


朝一で向かったのは、ヴォルフガング湖の北側にそびえるシャーフベルク山(Schafberg)。
湖畔の街、サンクト・ヴォルフガングにある駅から山頂駅まで、赤い登山列車に乗って登ることができます。列車の時間まで30分強、湖畔で時間をつぶして、いざ山頂へ!
e0255187_1734536.jpg


湖畔の駅の標高は542m。そこから途中駅(1363m)を通って山頂駅(1732m)まで1190mを列車は登っていきます。途中、少しずつ変わっていく景色に胸が躍ります。
e0255187_173578.jpg


約35分後、山頂駅に到着。ヴォルフガング湖が見える~!!
e0255187_174573.jpg


湖を眺めながら、美しい景色にうっとりしながら、1783mの山頂まで歩きます。
e0255187_1741998.jpg

e0255187_1782981.jpg


山頂付近、崖の下のほうが虹のようで綺麗でした。
e0255187_1736152.jpg


湖を眺めながら、この日最初のビール。素晴らしい景色においしいビール、気分はルンルン♪
e0255187_1772567.jpg


ビールを飲んだ後は、山頂付近をまた散策。
e0255187_1774854.jpg


シャーフベルク山頂からは、ヴォルフガング湖だけでなくザルツカンマーグートの他の湖も見えます。こちらはモント湖(Mondsee)。何色と表現すればいいんだろう、湖の色が美しい。
e0255187_1775225.jpg


シャーフベルク山は南側(ヴォルフガング湖側)は登山列車も走っていて比較的なだらかだけど、北側は崖。面白い形の山。
e0255187_1773535.jpg


山頂で3時間ほど過ごした後、帰りは登山列車の途中駅まで歩いて下ることにしました。
湖を眺めながら、下るのは楽々~と思っていたけど、最後のほうは膝が笑いました。
e0255187_1781398.jpg


途中、線路をこえてさらに下ります。
e0255187_1782013.jpg

e0255187_1781783.jpg


1時間弱下って、途中駅に到着。
e0255187_17562423.jpg


湖畔に戻る前に、ここでもビール休憩~。頂上はオーストリアのビールだったけれど、ここはアウグスティーナー(ミュンヘン)でした。おいしかった♪
e0255187_17571694.jpg


この後は無事に下山し、湖畔でのんびり過ごしました。
気温が30℃ほどあったこの日、ヴォルフガング湖は泳ぐ人、ウォータースポーツをする人でにぎわってました。暑かったので私も水着をもってこればよかった、と後悔しました。
e0255187_1758133.jpg


陽の光が反射して、キラキラしていて綺麗だった湖面。あぁ、来られてよかった。
e0255187_17581414.jpg


夜は湖畔のレストランへ。これはケーゼシュペッツレ(Käsespätzle)という短い卵麺をチーズで絡めたもの。私の住むシュヴァーベン地方でも食べられている南ドイツ~オーストリアの料理。
e0255187_17583449.jpg


こちらはウィーナーシュニッツェル(Wiener Schnitzel)=子牛のカツレツ。
ドイツではシュニッツェルを頼むと付け合わせも揚げたポテトでちょっとヘビーなことが多いけれど、ここは茹でたジャガイモでいい感じでした。
e0255187_17584541.jpg


ヴォルフガング湖に魅了されたザルツカンマーグート滞在2日目でした。つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
8月はじめ、オーストリアのザルツカンマーグート(Salzkammergut)に行ってきました。

ザルツカンマーグート地方はオーストリア・ザルツブルクの少し東に位置する湖と山など自然が綺麗なところで、以前から行ってみたかったところ。ワクワク~♪

念願のザルツカンマーグートに向けて、さぁ出発!
写真はオーストリアの国境手前、通行証の案内の看板。オーストリアのアウトバーンは通行証が必要なため、国境手前のガソリンスタンドでゲット。10日間分で8.7ユーロ(約1200円)。
e0255187_3204881.jpg


我が家から400㎞強、渋滞があったので約6時間かけて今回のザルツカンマーグート旅行の拠点・ヴォルフガング湖近くに到着。手前の街が湖畔の街、サンクト・ギルゲン(St.Gilgen)。
奥に見えるのがヴォルフガング湖。途中雨が降っていたけど、いい感じにやんでラッキー。
e0255187_3205329.jpg


この日は移動で半日つぶれた&曇りだったので山に行くのは諦め、ヴォルフガング湖の西にあるバート・イシュル(Bad Ischl)という街を見ることにしました。
バート・イシュルは保養地・避暑地として栄えた街で、皇帝の別荘もあるところ。
e0255187_4105981.jpg


街の中心にある聖ニコラス教会。
e0255187_3205996.jpg


トリンクハレ(Trinkhalle)という温泉水が飲めた保養施設の一つ。今は観光案内&展示場のようになっていて温泉水は飲めず。
e0255187_321230.jpg


劇場。バート・イシュルは小さいけれど、きれいな建物が多い、という印象。
e0255187_321999.jpg


バート・イシュルをぶらぶらした後は、少し青空が出てきたので、ヴォルフガング湖に移動。
ヴォルフガング湖畔の街、サンクト・ヴォルフガングを散策しました。美しい湖。
e0255187_3212243.jpg


日曜の夕方、静かな湖畔でのんびりしていたネコ。いいところに住んでるねー。
e0255187_4181460.jpg


狭い路地にホテル・レストラン・お土産屋さんの並ぶ湖畔。
e0255187_4154456.jpg


オペレッタ「白馬亭にて」の舞台になったホテル・白馬亭。
e0255187_424304.jpg


白馬亭の向かいにはホテル・黒馬亭(写真右)。ここも映画だかドラマの舞台になったらしい。
e0255187_3214059.jpg


「下は湖水浴場なので、何も投げないでください」とのこと。泳げるんだ?!
e0255187_4243240.jpg


上の窓から下を覗いたらホテルのプールがありました。
ジャグジーが気持ちよさそう。海もいいけど、湖畔でバカンスもいいかも!
e0255187_3213865.jpg


湖の水はきれいで、写真ではわからないけれど小さな魚がいっぱい。あぁ綺麗なところだ。
e0255187_3214838.jpg


ザルツカンマーグート旅行、つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi