しばし北の方へ出かけていました。

シュトゥットガルトから電車に乗ってデュッセルドルフへ。
ドイツでは座席予約をするとこうして席の上に予約してある区間が表示されます。
日本の新幹線のように指定席車両・自由席車両に分かれていないので、この表示のない席または表示されている区間以外は基本自由席です。
e0255187_15255836.jpg


車内はこんな感じ。新幹線の方が足元がゆったりしています。
e0255187_1526728.jpg


車内にあったドイツ鉄道の雑誌。私の大好きなヨギ~!(ナショナルチームの監督)
e0255187_15261630.jpg


デュッセルドルフで乗換えをし、鈍行列車で約1時間半、到着したのはこのお城。
e0255187_15262795.jpg


お城の周りは広いお庭になっていて、滞在中お庭でよく見かけた女の子がいたので話しかけてみると「私、このお城に住んでるの~」とのこと。サヨウデゴザイマシタカ!
e0255187_15263713.jpg


ドイツにはこんな小さなお城がたくさんあるのですが、まだ住んでいる人がいるのね。
e0255187_15264617.jpg


私も、お城に住んでるの~なんて言ってみたい!と思った北ドイツでの週末でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ブレゲンツのそばの山プフェンダーの上には牧場がたくさんありました。
e0255187_1517241.jpg


この牛のいた牧場のそばに小さなチーズ製造所があったのですが、
e0255187_15175047.jpg


建物の前にこんなものがありました。チーズを売る自販機。
e0255187_1521049.jpg


ベルクケーゼにカマンベールなど、チーズ数種類と飲むヨーグルトが売っていました。
e0255187_15262381.jpg


チーズを売る自販機は自販機大国ニッポンでも見たことがないかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
ブレゲンツのそばの山プフェンダーを散策した後は、ボーデン湖畔を散歩しました。

ブレゲンツはボーデン湖とそのそばにそびえる山に挟まれた小さな街。
街並みはドイツとあまり変わらないけれど、街中に靡く国旗がオーストリアだったり
e0255187_15122728.jpg


湖畔を走る電車がオーストリア連邦鉄道だったりして、あぁオーストリアなんだと実感。
e0255187_1514295.jpg


もう紅葉し始めた木々と湖を見ながらお散歩開始。
e0255187_1517391.jpg

e0255187_15434031.jpg


ドイツ・オーストリア・スイスの国境にあるボーデン湖。大きさは琵琶湖より少し小さめ。
e0255187_15174367.jpg


ちょうど湖の東端にあるブレゲンツ。ここからはきっと夕日が綺麗に見えるだろうな~。
e0255187_15403392.jpg


湖畔でチェスをしていたお年寄りたち。大きな駒!
e0255187_1542363.jpg


少し歩くと毎年夏に行われるブレゲンツ音楽祭の会場がありました。
今年と来年はモーツァルトの「魔笛」だそう。湖上にステージがつくってあります。
e0255187_1543142.jpg


いつか音楽祭に来たいね、なんて話しながらまた湖畔を歩き
e0255187_15475273.jpg


〆はアイスを食べました。少し涼しかったけど、まだなんとかアイスが食べられます。
e0255187_15494669.jpg


以上、日帰りオーストリア・ブレゲンツの旅でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
週末、オーストリアのブレゲンツ(Bregenz)という街に行ってきました。

ブレゲンツはドイツの南端に位置するボーデン湖の湖畔(東側)にある街。
シュトゥットガルトから約210km、アウトバーンを走って約2時間で到着です。
e0255187_16495348.jpg


アウトバーンをおりて下道を走ること数キロ、オーストリアに入国。
EU内は検問等ないので、そのまま通過。
e0255187_16515427.jpg


まずはブレゲンツの町のそばの山、プフェンダー(Pfänder)に行くことに。
途中、山の斜面には牛がいました。
e0255187_16561621.jpg


大分上って来ました。ちょっと霞んでるけど左奥に見えるのはボーデン湖。
e0255187_16583631.jpg


車で約10分程で山の上に到着。駐車場に車を置いて、ハイキング開始。
e0255187_1711242.jpg


青い空と緑の芝がとってもきれいなハイキングコース。
e0255187_17153613.jpg


遠くに見えた山並み。ドイツは平らだけど、オーストリアには山がたくさん。
e0255187_17201011.jpg


上の写真とは反対側の湖側。雲がでてきたため湖は見えず雲海。
e0255187_17231576.jpg


プフェンダー山の山頂。標高1064m。
e0255187_17235178.jpg


プフェンダーの頂を越えて、少し下るとロープウェイの駅があります。
私たちは車で上りましたが、ブレゲンツの町中からロープウェイで上ることもできます。
e0255187_17261546.jpg


ロープウェイの駅のそばにある野生動物園。入場無料。
e0255187_1728850.jpg


豚は気持ち良さそうにお昼寝中でした。
e0255187_17282966.jpg


鹿はちょうど繁殖期らしく、オスの鹿が頻繁に鳴いていました。
e0255187_17311442.jpg


遠くの山を眺めながらハイキングを続け、
e0255187_1737782.jpg

e0255187_175628.jpg


ハイキングコースには所々こんな山小屋兼レストランがあるので、
e0255187_1739240.jpg


ビールを飲みました。おいしい空気においしいビール、最高♪
e0255187_17424244.jpg


帰り道、山の中腹にあった教会の塔。南ドイツ~オーストリアでよく見る形。
e0255187_1745183.jpg


山から下りた後はブレゲンツをぶらぶらしました。つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
先週末、ヘッペンハイム(Heppenheim)という小さな街に行きました。フランクフルトのあるヘッセン州の南端にある小さな街で、F1レーサーのフェッテルの故郷です。

シュトゥットガルトから約150kmほど、ワイン畑のふもとにヘッペンハイムはあります。
e0255187_1654169.jpg


車を旧市街近くにおいて、散策開始!まずはマルクト広場へ。
e0255187_16571080.jpg


旧市街にはこんな街灯が所々にありました。どれもそれぞれ違う絵が描いてあって、説明がありました。街中に100以上、こんな街灯があるようです。
e0255187_173749.jpg

e0255187_17121181.jpg


こうやって何気なく立っている街灯がかわいらしい。
e0255187_17142712.jpg


マルクト広場から少し進むと聖ペーター教会があります。
e0255187_1714427.jpg


教会の奥にはワイン畑が広がっています。。
e0255187_171577.jpg

e0255187_1721472.jpg


お散歩の後はアイスタイム♪マルクト広場から一本中に入ったところにあったアイスクリーム屋さんで食べたジンジャーミント&マンゴーアイス。おいしかった!
e0255187_17165240.jpg


ヘッペンハイムは、想像していたよりもかわいらしい街でした。
次はここにワインを飲みに行きたいな!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
週末、シュパイアー(Speyer)に行ってきました。シュパイアーはシュトゥットガルトの約120km北西、ライン河のそばにある小さな街です。

駅を出て少し歩くと街の中心の歩行者天国につきます。
e0255187_1535387.jpg


歩行者天国にたつ中世は街の西門だった塔。(塔には上ることもできます)
e0255187_15402333.jpg


通りにある大きな聖ヤコブ像。
e0255187_15405180.jpg


道行く人に触られて、ヤコブの足の親指は光っていました。なんで親指なのかな?
e0255187_1541886.jpg


歩行者天国を歩いていくと正面にシュパイアーの大聖堂が見えてきます。
e0255187_15433037.jpg


11世紀に建てられた、世界遺産にも登録されている聖堂です。
e0255187_15434557.jpg


聖堂の前にある大きなワイン鉢。新しい司教が決まると、ここにワインが入れられ、市民はそれを飲んだんだとか。ワインが1580リットル入るそう。
e0255187_1544664.jpg


聖堂入り口。
e0255187_15462216.jpg


聖堂の入り口の天井部分に丸い窓から見える絵「聖母マリアの戴冠」。
e0255187_15463768.jpg


聖堂内。ちょうど叙階式が終わったすぐ後だったので人がたくさんいました。
e0255187_15484795.jpg


ステンドグラスも煌びやかな装飾もない教会で目をひくフレスコ画。
e0255187_15492943.jpg


祭壇のそばにたつマリア様。
e0255187_1550626.jpg


美しい側廊。
e0255187_1550213.jpg


神聖ローマ帝国皇帝たちの眠る地下聖堂。
e0255187_160811.jpg

e0255187_15563556.jpg


聖堂の外にあるオリーブ山の彫刻。
e0255187_1557284.jpg


ケルンの大聖堂や先日行ったマヨルカの大聖堂のように入った瞬間に「綺麗!」とは思いませんでしたが、飾らない感じが落ち着く聖堂でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]
友人の滞在2日目は朝から雨。お天気がよくなることを願って、少し遠出しました。

向かったのはロマンチック街道にある街、ローテンブルク(Rothenburg)。
シュトゥットガルトから約150km北東、車で1時間半ほどなので日帰り圏内です。
e0255187_225227.jpg


ローテンブルクに到着。ローテンブルク&ロマンチック街道は日本からの観光客に人気のある場所なので、看板には日本語も書いてありました。
e0255187_2261026.jpg


ローテンブルクは中世の街並みの残る市壁に囲まれた小さな街。
この門の向こうが旧市街、メルヘンな世界です!
e0255187_2272669.jpg


門をくぐると石畳の道が続き、カラフルな家があり、市壁の外とは別世界。
e0255187_2331624.jpg


歩いていて特に目を引くのが可愛い看板たち。
e0255187_2345253.jpg


キョロキョロしながら歩きました。
e0255187_2353770.jpg

e0255187_602032.jpg


パン屋さんの看板もプレッツェルの形でかわいい。
e0255187_2352071.jpg


市壁の門をくぐってしばらく歩くと街の中心にある聖ヤコブ教会が見えてきます。
e0255187_2411471.jpg


教会前にあった聖ヤコブ像。聖ヤコブのシンボルであるホタテ貝をもっています。
どうしてヤコブ=ホタテ貝になったのは知りませんが、ドイツ語ではホタテ貝のことをヤコブの貝(Jakobsmuscheln)と呼びます。
e0255187_2451473.jpg


入場料2ユーロを払って教会に入りました。
e0255187_3592153.jpg


聖ヤコブ教会の見どころの一つ、聖血の祭壇。15世紀の彫刻家リーメンシュナイダーの作品。すごく細かくできています。これを彫ったなんてすごい。
e0255187_359335.jpg


最後の晩餐。
e0255187_431411.jpg


主祭壇。
e0255187_5265488.jpg


真ん中に水晶のはめられた十字架。
e0255187_5381289.jpg


教会はいつ来ても心が落ち着きます。
e0255187_528656.jpg


教会を見学した後は、すぐそばにあるケーテ・ヴォールファートへ。
ここは一年中クリスマスグッズの売っているお店です。店内は綺麗なクリスマスの飾りやツリーのオーナメントがたくさんあってワクワクします。
e0255187_53057100.jpg


他にもいろんなテディベアが売っているお店など、かわいいお店がたくさんあります。
e0255187_534558.jpg


ローテンブルクの市庁舎の横を過ぎて、散策は続きます。
e0255187_536147.jpg


ひたすら続く石畳の道。雨で濡れた石畳も、これまた綺麗。
e0255187_5361686.jpg


さてこの辺りでお茶休憩でもしましょう!ショーケースに並んでいる丸いのは、シュネーバル(Schneeball)というローテンブルク名物のお菓子。
e0255187_5375285.jpg


小麦粉・卵・バター・砂糖でできている生地をこんな風にギザギザに切って
e0255187_5422322.jpg


それを丸めて
e0255187_5424121.jpg


こんな丸い型の中に入れて油で揚げると
e0255187_5431073.jpg


約5分後にはこんな風にできあがります。これがシュネーバル=雪玉。
クラシカルなのはこれに粉砂糖をかけたもの。他にもチョコレートのかかったものなどいろんな種類が売られています。
e0255187_544279.jpg


キャラメル風味、コアントロー風味のチョコレートのかかったものを買いました。
おいしいのですが、揚げてあるので半分でお腹がいっぱいになりました。
e0255187_5462684.jpg


ここはよく絵葉書にもなっている風景。
e0255187_5485659.jpg


上の写真の塔(門)のところで旧市街は終わりなので、また来た道を戻りました。
e0255187_61196.jpg


こうして約3時間のローテンブルク散策は終了。中世の世界から市壁の外にでて現代に戻り、次なる目的地に向かって走りました。

ドイツの旅は「鉄腕ゲッツのいたお城 ホーンベルク城」につづきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
ブログ訪問ダンケ!
[PR]

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi