ブダペスト滞在の〆はやっぱり温泉!

国会議事堂を見学した後は、ドナウ川沿いを移動。川の反対側には漁夫の砦とマーチャーシュ教会が見えました。
e0255187_21141199.jpg


エリザベート橋を歩いて渡ってペスト側からブダ側へ。
e0255187_21142616.jpg


ドナウ川、夜見るときれいですが、昼間見るとけっこう濁っています。
e0255187_21144252.jpg


目指すはルダッシュ温泉。正面玄関を工事中のこの建物が温泉施設です。
e0255187_211458100.jpg


入場料は約3000Ft(1000円)。1日目に行ったセーチェニ温泉より安かったです。

土日は男女混浴なので水着着用、平日は男性の日と女性の日に分かれています。

入場券代わりのアームバンドをかざすと、モニターにロッカー&着替えキャビンの番号が表示されます。
e0255187_21151362.jpg


これが着替えキャビン。
e0255187_2118255.jpg


ここは温泉プールのようだったセーチェニとは全く違い、トルコ式。この真ん中の浴槽は38度ぐらいでした。上から差し込む光が幻想的でとっても雰囲気の良い温泉でした。
e0255187_21154622.jpg


四隅には28度、30度、33度、42度の浴槽もありました。42度はけっこう熱かった!
e0255187_2116126.jpg


温泉の後はやっぱりビール!売店には缶ビールしかなかったのが少し残念。
e0255187_21161476.jpg


エリザベート橋の近くには、エリザベート像があります。
e0255187_21162785.jpg


ホテルへ戻る途中、ヨーロッパ最大のシナゴークの横を通りました。ここの中庭には第二次世界大戦中の迫害によって命を落としたユダヤ人の名前が刻まれた石碑がたくさん並んでいました。ここからも多くのユダヤ人がアウシュヴィッツに送られたようです。
e0255187_21164126.jpg


フライトの時間まで、最後のビールタイム♪
e0255187_21165894.jpg


ブダペスト発21時過ぎの飛行機でドイツに戻りました。この日はサッカーのドイツvsオランダ戦があった日。フライトの途中、ドイツが点を入れると、機長から「ドイツに点が入りました!」とアナウンスがあり、乗客は「ウォー!」と叫び拍手。面白かったです。
e0255187_21171235.jpg


これでブダペスト旅行記は終了です。ハンガリー、ぜひまた行きたいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ブダペスト最終日は、ブダペストの観光ではずせない、国会議事堂見学へ!

国会議事堂には一般見学者はツアーでしか入場できません。
e0255187_19102771.jpg


ツアーに参加するには、当日、国会議事堂の前で入場券を手に入れるか、事前予約が必要です。予約はコチラのサイトにアドレスが載っているので、参加したい日・言語・人数を書いてメールすると予約が取れます。当日券は特にハイシーズンはすぐに完売になってしまうようなので、予約なしで行く場合は朝一で行った方がいいと思います。
(追記:現在はこちらでオンライン予約ができる模様。手数料200Ft。2015年7月)
e0255187_1910490.jpg


私たちが行った時も、当日券はどの言語も午前10時には全て完売になっていました。
e0255187_1910434.jpg


空港並みに厳しいセキュリティーチェックを受けて、約50分の見学の開始です。
e0255187_19105867.jpg


まるで宮殿のような大階段。20世紀頭に建てられたこの議事堂、とにかく豪華!
e0255187_19112659.jpg


中央のドームの天井。
e0255187_19115882.jpg


ここにはお宝・聖イシュトヴァーンの王冠が厳重警備付きで展示されています。
e0255187_19121924.jpg


王冠の上の十字架がなぜ歪んでいるのかは、謎なんだとか・・・。
e0255187_19123631.jpg


これは別の部屋。ここもきらびやかな内装。
e0255187_19125674.jpg


窓ガラスもきれい。
e0255187_19143914.jpg


議場に入る前の廊下の窓際に残っているシガレット置き場。それぞれの溝に番号がふってあり、誰がどのシガレットか間違えないようになっています。
e0255187_19131496.jpg


さて、こちらが議場。ここにも金がふんだんに使ってあります…とにかく豪華!
e0255187_19133278.jpg


国会議事堂の見学、EUのパスポート所持者はなんと入場無料!
e0255187_19135857.jpg


EUに住んではいるけれど日本人の私は入場料3500Ft(1200円弱)必要でした。
e0255187_19142031.jpg


一見の価値ありの国会議事堂でした☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
エゲルから戻った後は、ブダペスト市内を少しぶらぶらしました。
e0255187_4345251.jpg

e0255187_4351144.jpg


路面電車に乗ったり、バスに乗ってみたり、ぐるぐるした後、夜ご飯を食べることに。

昼間ワインを飲んだので、夜はビール。
e0255187_436507.jpg


昼にも食べたグヤーシュをここでも注文してみたら、こんな器で出てきました。
e0255187_440981.jpg


こちらはハンガリー料理のパラチンタ。ひき肉をクレープ生地のようなものでつつんだ上に、パプリカのソースがかかっていました。おいしかったです♪
e0255187_440231.jpg


お腹が一杯になったあとは、夜の散歩。この日の夜景は、ゲッレールトの丘へ!

ここからはブダ王宮、くさり橋、そしてペスト側が綺麗に全部眺められます。
e0255187_4422161.jpg


自由の女神像もライトアップされていました。
e0255187_4441387.jpg


1日目はブダ王宮の丘、2日目は川の上から、3日目はゲッレールトの丘から、毎日違った夜景を楽しむことができました♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
エゲル日帰り観光の目的は、ずばり、美女の谷に行ってワインをたくさん飲むこと!

美女の谷とは、エゲルにある50以上ものワインセラーが連なった谷(盆地)のことで、ワインがとっても安く試飲&購入できるという、もう夢のようなところ!

エゲルの中心の広場からこんな乗り物が出ています。片道一人700Ft(250円)。
e0255187_3393981.jpg


一般の車道を普通に走ります。
e0255187_3403358.jpg


5分ちょっとで美女の谷に到着。美女の谷へいらっしゃい、の看板。
e0255187_341660.jpg


こんな感じに、斜面にワインセラーが並んでいます。
e0255187_342332.jpg


美女?が店頭で客引きをしているセラーもありました。
e0255187_3423950.jpg


1軒目。まず試飲(有料)をするためのワインを選ぶための、試飲(無料)をします。
e0255187_343339.jpg


何種類か試飲したあと、気に入ったワインを1杯ずつ頂くことに。一杯150Ft(50円)。
e0255187_3434915.jpg


こんなボトルもあり、これにワインをつめてもらうこともできます。もはや水感覚!
e0255187_3445984.jpg


2軒目はここに入ってみることに。
e0255187_345552.jpg


入ってみると、奥まで続いている大きなセラーでした。お手洗いがあったのもグッド。
e0255187_3461866.jpg


ワインがたくさん並んでいます…もうたくさんありすぎて、迷う!
e0255187_3465875.jpg


ここではエゲルの有名なワイン、エグリ・ビカヴェール、雄牛の血と呼ばれているワインを試飲しました。これがおいしかったので、一本買って帰りました♪
e0255187_3474285.jpg


3軒目。この辺りから、写真がピンボケだったり、斜めになっていたりします…。
e0255187_3511815.jpg


ここでも、無料で何種類か試飲をした後、飲むワインを決めます。
e0255187_3513229.jpg


ここでも雄牛の血を飲んでみることに。2軒目のセラーとはまた少し違った味でした。
e0255187_3514612.jpg


セラーの入り口でおかみさんがパンを作っていました。
e0255187_3533483.jpg


もう一軒入りたいところでしたが、帰りのバスのことを考えて、やめておくことに…。
e0255187_354060.jpg


次回は絶対、ここに何泊かするぞ!!

酔い覚ましに、バスターミナルまで帰りは2km弱歩きました。
e0255187_356383.jpg


帰りのブダペストに戻るバスの中から見えたワイン畑。ドイツではワイン畑は山の斜面にあることが多いけれど、ハンガリーでは平地にありました。
e0255187_3571966.jpg


この後、バスでは爆睡で、あっという間にブダペストに着きました。

以上、夢のようなエゲルでの一日でした。ブダペスト旅行はまだ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ブダペスト旅行3日目はブダペストの北東約140kmのところに位置するエゲル(Eger)という街に日帰りで行きました。

エゲルには、ブダペストのメトロ2号線のStadion駅にあるバスターミナルから出発するバスを利用しました。毎時約2本出ていて、値段は一人片道5020Ft(1700円)。
e0255187_248216.jpg


ブダペストの東駅から電車も出ているようですが、バスの方がエゲルの中心部に着くのでバスを利用しました。

約2時間バスに揺られて、エゲルに到着。まずはバスターミナル近くの大聖堂へ。
e0255187_2534799.jpg


教会の前にはペトロとパウロの像。こちらは天国の鍵をもっているのでペトロ。
e0255187_256912.jpg


こちらは剣を持っているのでパウロです。
e0255187_2572120.jpg


教会の前から街の中心の広場まで歩行者天国が続いています。
e0255187_2582444.jpg

e0255187_2592588.jpg


中心のドボー・イシュトヴァーン広場に建つフランシスコ会の教会。
e0255187_259565.jpg


広場を抜けて、エゲル城へ向かいます。
e0255187_35859.jpg


エゲルといえば、ワイン!でもまだ我慢我慢。先にお城見学です。
e0255187_353535.jpg


お城の入り口が見えてきました。16世紀にオスマン帝国が攻めてきた際、エゲル城の城主は1ヶ月以上、城を守ったそうです。
e0255187_36819.jpg


お城はお庭だけの入場料だと800Ft(250円)でした。
e0255187_363232.jpg


少し高台にあるので、エゲルの街が一望できます。
e0255187_3104818.jpg

e0255187_395072.jpg


この日の気温30度以上、日陰のないお城の塀の上を歩くのが暑かったです…。
e0255187_3111578.jpg

e0255187_3113561.jpg


お城を一通り見たあとは、また広場に戻りました。
e0255187_3205769.jpg


これはオスマン帝国が攻めてきたときを再現した像かな?
e0255187_3194472.jpg


広場に面したカフェで一休みすることに。
e0255187_14334141.jpg


暑かったので、まずはよく冷えた白ワイン。
e0255187_3204082.jpg


暑かったけど、ハンガリーに来たら食べずにはいられないスープ、グヤーシュ。
e0255187_3211299.jpg


さて、この後はエゲルに来た目的を果たすべく、移動しました。続きはまた明日♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ブダペスト滞在2日目の夜はディナークルーズに参加しました。

繁華街からドナウ川沿いの桟橋へ向かう途中で見つけたモニュメント。
e0255187_640636.jpg


さぁ乗船です!乗船は19時、出発は19時半、まだまだ明るかったです。
e0255187_6401880.jpg


船に乗ると、まず食前酒が配られました。ハンガリーの蒸留酒パーリンカ。強いけれど、一杯飲むにはおいしいお酒でした。
e0255187_6403770.jpg


船内はこんな感じ。私たちは窓側の席をゲットできました♪
e0255187_6404826.jpg


食事はビュッフェ。ハンガリー料理が少しずついろんなものを食べられてよかったです。
e0255187_641319.jpg


クルーズ中の2時間半、ずっと生演奏がありました。
e0255187_6413021.jpg


いよいよ出発です。まずはドナウ川を上ります。くさり橋がの下をくぐって・・・・
e0255187_6414117.jpg


国会議事堂の横を通過しました。
e0255187_6415540.jpg


景色を楽しみつつ、ビュッフェは2皿目に突入です。お料理も私が盛ると、美味しくなさそうに見えるのが残念ですが…おいしかったです!
e0255187_642548.jpg


マルギット橋。橋からつながって木が生い茂っているところが、この日の午後、友人に連れて行ってもらったマルギット島です。
e0255187_6423158.jpg


食事も一段落すると、生演奏に合わせてダンスする人がでてきます。私は眺めるの専門です。中にはとても上手な年配夫婦もいて、かっこよかったです。
e0255187_6424978.jpg


さて、食事のあとはもちろんデザート。もうデザートが…争奪戦でした。
e0255187_642582.jpg


船はマルギット島を越えた先でUターンをしてドナウ川を今度は下り始めました。

写真の左奥に見えるのが、一日目に行ったブダ王宮の丘の一角にある漁夫の砦&マーチャーシュ教会。まだ明るくてライトアップされていないのが残念。
e0255187_6431085.jpg


こちらはブダ王宮。この後さらにドナウ川を下っていって、途中でまたUターンしました。
e0255187_6432142.jpg


9時過ぎになってやっとライトアップが始まりました。やっぱり夜は綺麗。
e0255187_6433427.jpg


この日の午前中に行ったゲッレールトの丘。
e0255187_6434120.jpg


左にブダ王宮、正面にくさり橋。この後船は桟橋に着き、クルーズ終了。
e0255187_644719.jpg


船からだと川の両側を一気に見られるのが、よかったです。この日も、ブダペストの夜景を堪能して、ホテルに戻りました♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ブダペスト滞在2日目、ゲッレールトの丘に行った後は、午後からハンガリー人の友人にブダペストを案内してもらうことにしました。
e0255187_2533181.jpg


まずはじめは、お土産屋さんやレストランの並ぶヴァーチ通りを歩いて、
e0255187_2543761.jpg


中央市場に行きました。市場とは思えない素敵な外観。
e0255187_2581692.jpg


市場の中ではクロアチア祭りをやっていて、クロアチアの音楽などが聞けました。
e0255187_2591760.jpg


市場の一階は生鮮品を売るお店とお土産屋さんが並んでいます。
e0255187_30672.jpg


ハンガリーにも白アスパラがありました!が、友人曰く「こんなエキゾチックなもの、食べたことない」のだとか…メジャーな食べ物ではないようです。
e0255187_30508.jpg


ドイツにも売っているPICKサラミのお店もありました。(日本でも買えるようです)
e0255187_32989.jpg


中央市場の2階には革製品のお店やお土産屋さんの他、軽食コーナーがあります。
e0255187_34963.jpg


友人おすすめのハンガリアンファーストフード、ランゴシュを食べてみることに。
トッピングはいろいろありましたが、オーソドックなサワークリーム&チーズで頂きました。おいしかったけれど、けっこう脂っこくてくどかったです。
e0255187_375996.jpg


他にもおいしそうなものがいろいろありました。これはハンガリー風ロールキャベツ。
e0255187_382743.jpg


腹ごしらえした後はブダペスト観光には外せない聖イシュトヴァーン聖堂に行くことに。
e0255187_39172.jpg


20世紀はじめに建てられた、わりと新しい教会です。
e0255187_3121595.jpg


入るとマリア様が迎えてくれます。
e0255187_313212.jpg


夜はここでオルガンコンサートもあるようです。
e0255187_3143215.jpg

e0255187_31540100.jpg

e0255187_3155526.jpg


聖堂を見た後は、友人が「ドイツ人は公園が好きでしょ?!」と聞いてきたので、ブダペストの繁華街は空気もあまりよくないし、緑のあるところへ行くことにしました。

向かったのはドナウ川に浮かぶマルギット島。これはマルギット島につながるマルギット橋からの眺め。国会議事堂が綺麗に見えました。
e0255187_3264031.jpg


マルギット島はけっこう大きな島で、中は本当に公園でした。緑がいっぱい。
e0255187_3264497.jpg


島には、小さな動物園もあり、
e0255187_327158.jpg


温泉プールもありました。一日遊べそうな島です。
e0255187_3272920.jpg


公園といえばビアガーデン。緑に囲まれて、飲むビールはおいしい!
e0255187_3275552.jpg


公園でまったりした後は、友人と別れ、ブダペストの繁華街に行ってみることに。
e0255187_3344726.jpg

e0255187_3351954.jpg


広場ではダンスショーもやっていました。金曜の夕方だったので賑わってました。
e0255187_335411.jpg


ここで夕飯前のウォーミングアップにビール。ハンガリーはビールが安くていい!
e0255187_336756.jpg


この日の夜のイベントはまた次回。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ブダペスト滞在2日目も朝から良いお天気でした。

まず最初に向かったのはゲッレールトの丘。目指すは像の立つ丘の上です。
e0255187_0351038.jpg


今にも壊れそうなバスに乗って坂を上り、最寄のバス停からは歩きました。

途中なぜか足長おじさんがいました。
e0255187_035501.jpg


坂は続きます。この日の気温、すでに30度。日差しも強く暑かったです。
e0255187_0372577.jpg


坂の途中の展望台からの眺め。左に見えるのがブダ王宮。手前がくさり橋。
e0255187_039315.jpg


ドナウ川にかかるくさり橋、1850年にはすでにあったようです。
e0255187_0391829.jpg


像のある場所までまだ坂は続きます。道の脇にはお土産屋さんが並んでいます。
e0255187_0414224.jpg


この丘の上には城塞が残っています。19世紀に作られたものらしいです。
e0255187_0463432.jpg


城塞の周りには、大砲も並んでいました。
e0255187_0422797.jpg


下から眺めたときに見えた像はこれでした。ナチスからハンガリーを解放したソ連軍がたてた像で、自由の女神なんだそうです。
e0255187_0511386.jpg

e0255187_051357.jpg

e0255187_052052.jpg


丘の上に立っているのは自由の女神、丘の名前の由来になっているゲッレールトはどこにいるのかというと、丘の中腹に立っていまます。
e0255187_185656.jpg


11世紀前半宣教のためハンガリーにやってきたイタリア人修道士(後に司教)のゲッレールトが、この丘で殉教したため、ゲッレールトの丘と呼ばれるようです。
e0255187_184455.jpg


丘の上から樽に入れられてドナウ川に落とされたんだとか…残酷。
e0255187_116181.jpg


長くなったので続きはまた明日♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ビール祭りで一杯飲んだ後は、少し散歩をし、
e0255187_1623695.jpg


アンドラシー通りより一本中に入ったレストランに行きました。
e0255187_1623494.jpg

e0255187_1631940.jpg


ハンガリーといえばパプリカを使ったお料理。私は鶏肉のパプリカソースかけ。
e0255187_1642721.jpg


夫は豚肉を焼いたもの。これもパプリカ風味でした。
e0255187_1653011.jpg


二人でワインを飲んで、お腹一杯になって、お会計は20ユーロ弱でした。安い!

食事の後は、腹ごなしにまた散歩。レストランやお店の多いペスト側から、ドナウ川にかかるくさり橋を渡って王宮のあるブダ側へ移りました。
e0255187_1682761.jpg


ブダ側の丘には王宮の他、見晴らしの良い「漁夫の砦」と呼ばれる場所があります。

「お腹いっぱい~」と言いながら、坂を上りました。
e0255187_16114465.jpg


さぁ、マーチャーシュ教会が見えてきました!
e0255187_1612585.jpg


こんなところで結婚式の写真を撮れるなんてロマンチックだな~。
e0255187_16165768.jpg


「漁夫の砦」に上って、ここから夜景を眺めました。
e0255187_16221339.jpg


ブダ側とペスト側を結ぶくさり橋。先ほど歩いて渡った橋です。
e0255187_16182659.jpg


ペスト側のドナウ川沿いに建つハンガリーの国会議事堂も見えます。
e0255187_1620983.jpg


後ろを振り返ればマーチャーシュ教会。
e0255187_16233965.jpg


この教会の屋根がとてもきれいでした。
e0255187_1625492.jpg


白い石がライトで照らされたこの感じが本当に綺麗。ブダペストの夜景、最高です!
e0255187_16262728.jpg

e0255187_16273036.jpg

e0255187_16275497.jpg


夜景を楽しんだ後は、またくさり橋を渡って、ホテルのあるペスト側に戻りました。
e0255187_1630171.jpg


橋の上から眺めたブダ王宮。
e0255187_16301848.jpg


ブダペストの夜景、本当に綺麗でした。難を言えば、夏至の近いこの時期、日が沈むのが遅いので夜9時過ぎないとライトアップされないことでしょうか…。

おかげで毎日ホテルに戻るのは11時過ぎ、夜更かしでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
週末・ドイツ脱出旅行で向かったのはハンガリーの首都ブダペスト!

出発はStuttgart空港。Germanwingsのカウンターは新しくてきれい。
e0255187_1732119.jpg


Germanwingsは格安航空だけど、ルフトハンザグループなのでちょっと安心です。
e0255187_17335686.jpg


ブダペストまでは飛行時間約1時間15分、あっという間に到着です。

到着後はバスで最寄の地下鉄3号線の駅まで向かい、そこから地下鉄に乗りました。

ホームへの入り口。チケットには必ず刻印をしないと、車内で抜き打ち検札があった際に罰金です。ホームへの入り口でも一応チェックをしています。
e0255187_173635100.jpg


地下鉄の車両。かなり古かったです。何年前のものでしょうか…。
e0255187_17381095.jpg

e0255187_1741269.jpg


でも市内には新しい路面電車も走っています。ドイツのと似ています。
e0255187_17423671.jpg


さて、ホテルに荷物を置いて向かったのはセーチェニ温泉。
e0255187_17433646.jpg


入場料3800Ft(約1300円)ほど。ハンガリーの物価を考えると、ちょっと高め。
e0255187_174495.jpg


ロッカー兼更衣室があるので、ここで着替えて荷物を置いておきます。
e0255187_1745749.jpg


温泉。温泉プールと言ったほうがいいかな。こっちは水温34度。
e0255187_17454562.jpg


こっちは水温38度。温かくて気持ちよかった~。深さは1.2mほどありました。
e0255187_17472649.jpg


セーチェニ温泉名物といえば、温泉チェス。テレビで見た通り、本当にチェスをしている人がいました。でもチェスってけっこう時間がかかるので、のぼせないんでしょうか…。
e0255187_17491224.jpg


日光浴している人ももちろんいました。
e0255187_17501295.jpg


ここでビールも飲めます♪
e0255187_17504665.jpg


でも温泉ではビールを我慢して、2時間ほど温泉につかった後、次の目的地に移動。

第5回チェコビール祭り in ブダペスト!
e0255187_17543124.jpg


まずは引換券を買います。500mlのビール1杯が500Ft(170円)。安い!
e0255187_17571533.jpg


お祭り会場は平日でしたが、賑わっていました。
e0255187_17575749.jpg


いろんなメーカーが出展していたので、とりあえず1周、見て周りました。
e0255187_17585455.jpg


種類がありすぎて迷った挙句、赤ビールと黒ビールを飲んでみることに。黒はとても濃厚でした。赤の方は、おいしかったけど、何で赤かかったのかわかりません。
e0255187_17595277.jpg


会場にはチェコのキャラクター・クルテクも来ていました♪
e0255187_1814035.jpg


ブダペスト旅行記、まだ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi