聖ニコラウスの故郷を訪れた後は、この日最後の目的地、ケコワ島へ。

教会のあったデムレからさらに20kmほど南西に走り、ケコワ島近くの港へ。
e0255187_1546442.jpg


険しい山道が続きます。ガードレールもなくかなりスリリングでした…。
e0255187_1546384.jpg


怖い思いをして着いた先でかわいいネコが迎えてくれたので癒されました♪
e0255187_15481013.jpg


ケコワ島はけっこう栄えていたようですが、紀元2世紀の地震で都市の大半が沈んだようです。その後も修復されてある程度栄えたようですが、アラブ人が進入して以来、この島の時は止まっています。現在は無人島です。島を眺めるため、船に乗りました。
e0255187_15475699.jpg


私たちが乗ったのと同じ形の船とすれ違いました。意外と小さな船です。
e0255187_1552512.jpg


この辺りはアンタルヤのホテルの前の海よりも水がずっと綺麗でした。
e0255187_15522346.jpg


海が本当に青かったです!
e0255187_15535925.jpg

e0255187_15564829.jpg


ケコワ島が見えてきました!手前の海の中にも何か残っています。
e0255187_15575490.jpg


右の方に階段があります。この階段を往復する人がいたんだぁ…。
e0255187_1665385.jpg


門の中央に十字が刻まれていました。これは地震の後に建てられたのかな?
e0255187_1610582.jpg


海の中に昔の港が残っています。2メートルちょっと沈んだのかな…?
e0255187_16281388.jpg


当時ここはどんな街だったのかな~。ここに来るまで、この島のことなど全く知りませんでしたが、海もとっても綺麗で、来て良かったと思いました。
e0255187_16292684.jpg


海中遺跡見学の後は、港に戻る前にお楽しみのスイミングタイム!船から青~い海に飛び込みました。気持ちよかった!!
e0255187_16314280.jpg


こうして、この後また険しい道をバスに揺られ、無事にホテルに戻りました。

これでアンタルヤ旅行記は終わりです。お付き合い頂き、ありがとうございました☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
ミュラの遺跡観光後は、同じくデムレの町にある聖ニコラウスの教会に向かいました。

聖ニコラウスといえば、ドイツでは12月6日に良い子にプレゼントを持ってきてくれる聖人として知られていますが、いわゆるサンタクロースの起源でもあるようです。下の看板のNoel Babaとはトルコ語でサンタクロースのこと。
e0255187_17445517.jpg


聖ニコラウスは3世紀後半、ここより少し西の当時パタラと呼ばれた街に生まれました。
e0255187_17581048.jpg


その後、ミュラ(現在のデムレ)で司教になったようです。聖ニコラウスの逸話はWikiで。
e0255187_18112340.jpg


聖ニコラウスの死後、6世紀ここに教会が建てられました。彼の亡骸も教会内の棺に納められたようですが、11世紀にイタリア・バーリの商人によって持ち出されたようです。
e0255187_18144468.jpg


地震による倒壊などを経て、何度か修復されたようですが、それでも古い教会です。
e0255187_18181745.jpg


聖ニコラウスは正教会では重要な聖人だそうで、この日もロシア人観光客がたくさんいました(正教会では教会に入る際は髪を覆うのかな、みなスカーフをつけてました)。
e0255187_18384594.jpg


この聖堂も他の教会と同じく、東向きに建てられていました。ロシア人信者が中央の聖壇の周りを何度も周っていたのですが、何だったんだろう…。
e0255187_18355650.jpg


壁のフラスコ画も一部はまだきれいに残っていました。一部はイスラム教が入ってきた際に、破壊されたのか、原型をとどめていないものもありました。
e0255187_18405698.jpg


デイシス。普通はキリストを中央に左側が聖母マリア、右側が洗礼者ヨハネですが、このデイシスは左にヨハネ、右にマリアでした。世界でもここだけのようです。珍しい!
e0255187_18422421.jpg


教会の入り口に立つ聖ニコラウス像。
e0255187_18482351.jpg


この教会の時も、ビザンツ時代のまま止まっている感じがしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
アンタルヤ滞在中、一日オプショナルツアーに参加しました。朝6時15分にホテルにお迎えが来て、途中他のホテルにも寄りながらバスに揺られます。
e0255187_15325489.jpg


山道をぐねぐね走り、
e0255187_15351522.jpg


海岸線を30分近くぐねぐね走り、片道3時間ちょっとバスに乗って…
e0255187_15391913.jpg


最初に向かったのは、アンタルヤから南西約160kmにあるデムレ(Demre)という街。

この街には見所が2つありますが、まずは古代リュキアの都市ミュラ(Myra)の遺跡へ。
e0255187_15382911.jpg


古代にタイプスリップした気分でワクワクしました♪
e0255187_15544756.jpg


ここの遺跡のメインは崖にある墓群。紀元前4世紀ごろのものだそうです。
e0255187_1603070.jpg


リュキア人は死後の魂は天に昇ると信じていたようで、お墓を高い所に造った方が魂が天に昇りやすいと考えたため崖にお墓を作ったとガイドさんが説明していました。
e0255187_163372.jpg


このお墓、当時のリュキア人の家を形をしているようです。
e0255187_16292382.jpg


ミュラといえばお墓だと思っていましたが、その隣には古代の劇場も残っていました。
e0255187_16373259.jpg


けっこう斜面が急です。ここに座ると、なんだか時間が止まった感じがしました。
e0255187_16383254.jpg


劇場の観客席をへっぴり腰で降りて(けっこう一段一段が高かったです)、
e0255187_1644212.jpg


いざ舞台へ!上からもいいですが、舞台からの眺めもいいものです。
e0255187_16423710.jpg

e0255187_1639424.jpg


劇場のまわりには、こんな彫刻が普通の石のようにゴロゴロ転がっていました。
e0255187_16451685.jpg

e0255187_16453615.jpg


遺跡観光の後は、お土産屋さんの並ぶ道を通ってバスへ。
e0255187_1648242.jpg


トルコの魔よけのお守り、ナザールボンジューがいっぱい。
e0255187_16515986.jpg


おまけ☆遺跡の入り口に咲いていたお花がきれいでした。
e0255187_1650289.jpg


この後は、デムレのもう一つの観光名所に行きました。続きは次回☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
アンタルヤでの1週間のうち、1日だけ少しお天気の悪い日がありました。その日は、乗り合いバスに乗ってアンタルヤの旧市街に出かけました。
e0255187_17355771.jpg


旧市街に入るとまず見えるのがハドリアヌス門。
e0255187_17352614.jpg


紀元130年のローマ帝国ハドリアヌス帝のアンタルヤ訪問を記念して建てられた門。
e0255187_17361992.jpg


アーチ部分の彫刻が綺麗。3つのアーチそれぞれに異なった彫刻が施されています。
e0255187_17492419.jpg


ハドリアヌス門を越えると、お土産屋さんの並んだ路地が続きます。
e0255187_1750876.jpg

e0255187_175177.jpg


左の建物の出窓と右の建物の出窓がくっつきそうな狭い路地。
e0255187_17505544.jpg


窓から通行人を観察中のネコ。トルコにはネコがたくさんいました。
e0255187_17533357.jpg


路地を進むと・・・
e0255187_1754523.jpg


海の眺められる場所に着きます。奥に見えるのはアンタルヤの港。
e0255187_1755185.jpg


高台からまたお土産屋さんの並ぶ路地を下ると…
e0255187_17562874.jpg


アンタルヤの港です。クルージングのお客さんを捕まえる客引きがたくさんいました。
e0255187_17572277.jpg


港を散歩した後は、旧市街の路地を上って繁華街に戻りました。
e0255187_1812245.jpg


途中で腹ごしらえ。チキンケバブサンド&アイラン(ヨーグルトドリンク)のセットが3.5トルコリラ。日本円にすると160円ほどです。安い!
e0255187_18185448.jpg


トルコ初代大統領アタチュルクの像。ちょうどこの日(5月19日)はアタチュルク記念日という祝日だったので、像の前にもたくさんのお花が捧げられていました。トルコではアタチュルクはとても尊敬されていて、いたる所でアタチュルクの肖像画を目にします。
e0255187_18211664.jpg


アタチュルク像のある広場から旧市街を眺めました。
e0255187_18201298.jpg


アンタルヤ中心部を一通り散歩したので、バスに乗ってまたホテルに戻りました。
e0255187_1834536.jpg


バスから見えたモスクのミナレット。こういうタイプ、ちょっと珍しいような…。
e0255187_18344355.jpg


ホテルではドイツ語も通じ、設備も整っていて、ドイツとあまり変わりませんでしたが、街に出ると、トルコだなぁと感じました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
今回のホテルはAll inclusive、3度の食事だけでなくティータイム、夜食、バーでの飲み物等全て込みでした。(ホテルではチップ以外1週間お金を使いませんでした)

ここがビュッフェレストランの入り口。(アラカルト・レストランもいくつかありました)
e0255187_65748100.jpg


料理はトルコ料理がメインで、日替わりでドイツ料理やイタリアンデーがありました。世界三大料理の一つのトルコ料理はどれもとってもおいしかったです。
e0255187_6563585.jpg

e0255187_657793.jpg

e0255187_6572792.jpg

e0255187_7133467.jpg


トルコ料理はフルーツもたくさん使います。この杏とイチジクの中にお米を詰めたものがおいしかった!真ん中は葡萄の葉でお米を包んだサルマ。
e0255187_658245.jpg


チーズも種類がたくさん。白チーズをトマトと一緒に食べるのがおいしかったです。
e0255187_6585333.jpg


オリーブも種類がたくさんあって、毎日どのオリーブを食べようか迷いました。
e0255187_6592691.jpg


パンもパン屋さんのように種類がたくさんありました。
e0255187_6595915.jpg


このお皿の右手前にみえるのはオクラ!ドイツではオクラをあまりみないので、嬉しかったです。毎日野菜をたっぷり食べられました。
e0255187_701878.jpg


もちろんデザートもたくさんありました。デザートはいつでも別腹!
e0255187_712349.jpg


トルコの国旗ケーキ。トルコのケーキはどれも、ドイツのケーキの倍甘かったです。
e0255187_722063.jpg


これはトルコ菓子のバクラヴァ。シロップに漬かっていてとっても甘いお菓子です。
e0255187_732497.jpg


ビュッフェコーナーに並んでいたカービングされたスイカ&国旗模様のチーズ。
e0255187_74112.jpg


お昼はホテル内またはプールサイドのレストランで食べられました。部屋に一度戻るのが面倒くさかったのでプールサイドで食べることが多かったです。
e0255187_703932.jpg

e0255187_743537.jpg


ビーチにもバーがあり、ここでも飲み物&軽食をとることができました。
e0255187_754187.jpg


アイスクリームスタンドもありました。ドンドルマというトルコののびるアイス。
e0255187_76414.jpg


午後のティータイム。ここのティラミスがおいしかった♪
e0255187_7163376.jpg


お酒も1日中飲み放題。ビールにワイン、カクテル…毎日いろいろ飲みました。
ロシア人は昼からビーチでウォッカを飲んでいました。
e0255187_1714432.jpg


トルコの食事はどれも美味しかったし、何よりも毎日食事の支度をしなくてもいいというのが嬉しかったです♪

1週間たくさん食べて、飲んだので、今はドイツでプチ断食中です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
今回、7日間滞在したのはアンタルヤのララ地区(Lara)にあるホテルです。

ララには海岸沿いにリゾートホテルが並んでいます。去年はアンタルヤから160kmほど離れたアランヤに滞在しましたが、空港から遠かったので、今回は空港からもアンタルヤ中心部にも近いララにしました。

ホテルの宿泊客は太陽を求めて南下するドイツ人、オランダ人、ロシア人が9割を占めていました。ホテルの従業員はドイツ語を話す人も多く、部屋ではドイツのテレビも見られるので、ホテルで過ごしているとあまり外国にいる感じがしません。

ホテルには屋内プール、屋外プール、プライベートビーチがありました。
e0255187_3453030.jpg

e0255187_3455412.jpg

e0255187_6172248.jpg


プールでもビーチでも、泳ぐ人よりも日光浴をしている人の方が多かったです。
e0255187_3491920.jpg

e0255187_3561145.jpg

e0255187_41516.jpg

e0255187_17194212.jpg


日光浴に励む人たち。中にはとっても痛そうな肌をした人も…。
e0255187_618034.jpg


ある早起きした朝、泊まった部屋のバルコニーからの眺め。ピンクの空が綺麗でした。
e0255187_5383637.jpg


ホテルの中にはロビー以外にも座れるスペースがあちこちにあり、1週間滞在しても部屋で過ごす時間は実は少なかったです。
e0255187_539382.jpg


海を眺めながら、チャイを飲みつつポストカードを書いたり…
e0255187_5393981.jpg


外のテラスでお酒を飲んだり、ゆっくりできる空間がたくさんあってよかったです。
e0255187_5404593.jpg


夜は、ショーなど毎日違った催しがありました。ある時はビーチパーティー。
e0255187_55317100.jpg

e0255187_553777.jpg


ある時はベリーダンスにトルコの民族舞踏&音楽。
e0255187_5544292.jpg

e0255187_5552124.jpg

e0255187_5564368.jpg


ある時はミュージカルMamma Mia!の再現。これ、けっこう上手かった!
e0255187_5583172.jpg

e0255187_5581923.jpg


そして別の日はエアポートパーティーという名のダンスパーティー。
e0255187_5591291.jpg

e0255187_559319.jpg


こんな感じだったので、1日半観光に出かけた以外はずっとホテルにいましたが全然飽きませんでした♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
今回のバカンスの目的地はトルコのアンタルヤでした。アンタルヤはトルコ南部の地中海に面した街で、ドイツから手軽に行けるリゾート地の一つです。

アンタルヤへはシュトゥットゥガルト空港から、スカイエアラインズというトルコの格安航空会社で飛びました。トルコ行きの格安航空会社は第4ターミナルから出発です。第4ターミナルだけ長い渡り廊下でちょっと隔離されていて…
e0255187_3104955.jpg


昔ハンガーだった味気ない建物にしょぼいカウンターが並んでいます。
e0255187_3125387.jpg


チェックインを済ませたら、トルコはEU外なので出国手続きをして、いざ出発です!
e0255187_3225098.jpg


離陸直後。ドイツは空の上から眺めると緑がたくさんで綺麗です。
e0255187_3243372.jpg


機内食は出ないかなと思っていたけれど、途中こんな袋が配られました。
e0255187_4391248.jpg


開けてみると、サンドイッチとケーキが入っていました。
e0255187_4393525.jpg


アンタルヤまでの飛行時間は3時間弱、あっという間です。上空から見ると、温室がたくさんあってドイツとは全く違う景色でした。
e0255187_440596.jpg


この後、無事着陸したのですが、着陸した瞬間、機内で大拍手がおこりました。乗客は9割以上ドイツ人観光客。ルフトハンザに乗る時はみんな安心しているのか、拍手する人はいませんが、トルコの格安航空会社に対してはみんな密かに不安を抱いていたのか、大拍手でした。

さて無事に着陸した後は入国審査を済ませて、トルコ滞在開始です!
e0255187_442345.jpg


空港を出て、送迎バスに乗って早速ホテルに向かいました♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
1週間、トルコに行ってきました。今年のバカンス第一弾です♪

たくさん泳いできました。青い海、気持ちよかった!おかげで真っ黒です…。
e0255187_21155452.jpg


楽しかった余韻に浸りながら、またブログをアップします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ファン
メール
メールはこちらへ。
schildi○excite.co.jp
○→@に変換してください。
ブログジャンル
skin by Schildi